反射炉ビヤ 「セッション大明神」
(2018年6月12日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

和柑橘と洋柑橘いいとこどりの爽快な果実味が特徴で,じめじめとした季節を吹き飛ばすセッションIPA!かつて韮山反射炉を築造した江川太郎左衛門英龍が「世直し江川大明神」とよばていたように、人々に愛されるビールを目指しました。

【ネーミングメモ】
天保9年、都留郡の統治を江川太郎左衛門英龍が任されることになり、当時甲州騒動で不安定だった情勢を立て直し善政を行ったため、領民は大変喜び、初午の節句に「世直し江川大明神」と書かれた幟を立てたという逸話が残っています。

商品名:セッション大明神
アルコール度数:4.5%
IBU:40
ビアスタイル:セッションIPA
使用ホップSimcoe,Citra,Polaris,Hallertau Blanc
販売サイズ(ケグ):10L・15L・20L
販売サイズ(瓶)330ml(発売日未定)
ブルワー 山田
セッション大明神

山梨県都留郡の用津院(ゆうしんいん)にて撮影(ご協力感謝です。)

限定ビール情報

News