ミカド・スタウト
(2015年11月16日)

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

反射炉ビヤ初のインペリアルスタウト!

ロシアンインペリアルスタウトは、英国において、18世紀にロシアやバルト諸国に輸出のために造られた高アルコール度数の黒ビールです。ロシア皇帝に献上されたとされていることがこのビール種の由来とされています。

ミカド・スタウトは、ホップ風味がよくきいた米国風インペリアルスタウトと対局するモルト(麦芽)風味重視の英国風インペリアルスタウトで造りあげています。

甘いコーヒーやダークフルーツを思わせる香りを伴いまるでワインのような飲みくちで、高アルコール度数にも関わらず飲みやすく仕上がっているので油断しているととんでもないことに!?

商品名
ミカド・スタウト
ビアスタイル
ロシアンインペリアルスタウト
BJCP13F
アルコール度数
9.5
IBU
65
主原料
麦芽、ホップ、酵母
副原料
大麦
使用ホップ
Phoenix (フェニックス)
Admiral (アドミラル)
Bramling Cross (ブラムリングクロス)
インターネット販売
飲食店・酒販店様へ

限定ビール情報

News