反射炉ビヤとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

鳴沢の滝

蔵屋鳴沢は、伊豆の地で明治から大正期に造り酒屋を営んでおりました。酒造りに用いられてきた今なお湧き出る良質の水で、繊細な味と深い味わいを持った伊豆のクラフトビール 反射炉ビヤは造られております。

反射炉ビヤのビールは、無ろ過・非加熱のため、酵母が生きている深い味わいを持った新鮮なビールとなっております。小さな醸造所だからこそできる普段は味わうことができない特別なビールをお楽しみください。

反射炉ビヤの由来

反射炉

幕末の頃、伊豆の名代官であった江川太郎左衛門英龍は、韮山に国防のための反射炉の築造をし、また、日本で最初のパンを焼くなど西洋の新しい技術を積極的に取り入れる先見の明がうかがえる偉人でした。

ここ蔵屋鳴沢で造られるビールもまた日本の夜明けを予感した先人の功績にあやかり,反射炉ビヤと致しました。